珈琲の淹れ方の勉強

 昨年度まで工房アリアーレの喫茶室の接客係を担当しておりました。年度が変わり本年度より責任者である所長より新たに厨房に入り珈琲の淹れ方を勉強して、出来るだけ早くお客さまへ提供されるよう訓練して欲しい旨申し伝えられました。
DSCN1334_convert_20140114144558.jpg

 珈琲は産地の土壌及び豆のブレンドの仕方でも違うと言われています。更に珈琲を淹れる人によって、味及び香りが微妙に違うと言われております。珈琲は奥深い飲み物と思います。そんな性質を十分に認識しながら淹れる様に努めたいと思います。そして本日より指導者付きで訓練に入りました。淹れた珈琲の味、香りを指導者に確認してもらい、今日の一日の訓練が終了しました。だいたいの出来と言われ、ひと安心しました。訓練を何回かやって早く一人前になり、お客様に自信をもって提供したいと思います。
DSCN1333_convert_20140114144706.jpg
(Kazuo)

コメントの投稿

非公開コメント

美味しい珈琲を楽しみに

 お話のように珈琲の淹れ方は難しい面は有りますがそれだけに楽しみで人に負けない味で淹れなれるよう頑張って下さい。
珈琲は豆によっても蒸らしの時間やお湯のおとし方も違ってきます、私も色々な豆で自習をしていますが、面白いのは最高の豆と言われている
ブルーマウンテンがブラックで飲むと必ずしも美味しいとは言えないと思いました。若い頃シュガーとフレッシュを入れて飲んだ頃は最高の味と思っていましたがブラックで飲むとかなり程度は落ちると想い価格の価値は無いように感じています。ブラジルとペルーの豆での淹れ方はかすなり難しいと思いますが、口にまろやかさを感じる淹れ方がおできになれば最高ではないでしょうか。お客様にお喜びとご満足を頂ける珈琲を
淹れられたら最高でやり甲斐もお有りかと思いますが如何でしょうか。

珈琲の味と豆

私は今も珈琲の良い味を学習中ですが、今の所「ドミニカ」の豆は濃くが有り飲み込んだ後も口の中に珈琲の香りがいっぱいに広がります
お湯の落とし方で味わいはかなり変わります。
沸騰したお湯で遅く落とすと濃厚な味で真夏にはしつこく感じると思いますが冬は最高の味になると思います。
半分遅く半分早めに落とすとコッテリよりサッパリが増して夏でも飲みやすく美味しい珈琲になります。
ただ珈琲の味は個人個人で好みが有りますのでドミニカの豆は濃くが強すぎると思う方もお出でになると思いますのでお湯を全部早めに落とすとかなり味わいが変わってきます。
恐縮ですがアリアーレのペルーとブラジルのブレンドは淹れ方がかなり
難しく個人差も大きく成りますので営業用にはあまり向かないかも知れません。スマトラのマンデリンと言う豆は濃くも有りしつこくなく何方でも美味しく飲める豆だと思います。
このマンデリンと先ほどのドミニカをブレンドすると美味しさが更に増してくると思います。
まだご案内したい事は有りますが取り敢えず上記二種類の豆を試して見て頂ければ幸いです。
今のアリアーレの豆ではお客はリピートしないと思われます。
但しフェニックスのメンバーは一般顧客とは角度を変えて見ないといけないと考えますが如何でしょうか。
プロフィール

aliare

Author:aliare
工房アリアーレのメンバーが書いています。
kazuo:doramusuko:jiijii:伸:リクちゃん:ひかりちゃん:pigumon:HANA:カイ:タケちゃん:sekitori:ナオちゃん

工房アリアーレ
〒241-0821 横浜市旭区二俣川1-45-41 関本ビル2F・3F TEL:045-442-4527
ホームページ
“工房アリアーレ”のホームページはこちら ↓ をクリック!
ギャラリースペース
ギャラリースペースのくわしい説明は下の「ギャラリー」をクリックしてください!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる